山の茶屋 楽水は沖縄南部の海と森に囲まれた秘密の場所

今回は沖縄南部にある、隠れ家的なカフェ『山の茶屋 楽水(らくすい)』の話。

山の茶屋 楽水は個人的にもかなりお気に入りのカフェで、那覇方面からだと、国道331
号線から南城市方面へ南下して玉城(たまぐすく)へ向かいます。
※住所は最後に載せておきますね。

楽水は小高い丘の中腹にあり、店内の窓から見渡す東海岸はエメラルドグリーンが鮮やか
で外に出れば森の新鮮な空気が楽しめる、沖縄県内でも超超おすすめで最高な隠れ家的
なカフェ。

近くには同系列の茶屋『浜辺の茶屋』と『天空の茶屋』があり、こちらも人気のある
隠れ家的カフェでいいですよ。


【スポンサーリンク】

さて、山の茶屋 楽水の良さは立地と景色だけではなく、もちろん食事も美味しいです(^^

写真まとめ

ベジタリアンカレー(1.050円)はおいしそうな野菜達がゴロゴロしていて、男性でも食べ
ごたえのあるボリュームで人気のメニューで、ご飯は『サトウキビご飯』で良い香りで
食感はモチっとしていてルーも野菜の自然の甘みがでていてなんだかホッとする優しい
味がします。

上の写真の右上の景色は店内から撮影したもので、綺麗な海と右奥に見える島は『奥武島
(おおじま)』という小さな島で鮮魚店や天ぷら屋さんが多く軒を連ねる、観光客の方
にも徐々に知られてきている場所です。

中央下の写真は店内の一部の壁で、この一面だけは全て自然のままの琉球石灰岩を活かし
て作られた壁になっていて、雨の日はこの琉球石灰岩の壁へ雨が小川のように流れてくる
様子は『どうなってんの?』と思うくらい不思議な感じです。

店内の壁には大小様々な沖縄にちなんだ絵であふれていて、ギャラリースペースになって
いて、シーサー、陶器、油絵が飾られていて、油絵のポストカードなどが販売されていて
、私も1枚買いました!以前の話ですけど・・・(^^;

楽水までの道のり

上の写真のシーサーと海は、駐車場から楽水へつながる階段を少し登ったところで振り
返ると見える景色で、思わず『すげーっ!』って言いたくなりますね(笑)実際に目に
すると写真より遥かに壮大で綺麗ですよ。

左下の写真はシーサーの見える位置からさらに登る階段を撮ったもので、距離が少しある
ので楽水まではほどよい運動になります(杖が準備されているのが嬉しいです)

右下の写真が楽水への入り口で、木造の作りが夏は涼しさを、冬は暖かさを感じさせて
くれます。

あと、食事はベジタリアンカレー以外のものとてもオリジナリティーに溢れていて、味も
満足いくかと思います。

おすすめは『沖縄そば(楽水そば)』で麺がバジル麺と雲南百薬麺の2種類から選べます。
以前に麺を雲南百薬麺でオーダーして食べた感想ですが、麺がしっかりしていてスープも
すっきりした味でとても美味しいですね!薄い緑色をした麺は色鮮やかで、そばにはドリ
ンクも付いてきて、小さめの器に数種類の豆で作られた『ぜんざい』も付いてきます。

ドリンクはグァバがおすすめですね。

別のメニューの写真などは次回行った時にまた記事にしたいと思います。

沖縄に来たら、是非一度は足を運んでいただきたい秘密の場所です。

今回載せた写真は大阪の知人を連れて行った時に撮ったもので、知人はとても喜んで
くれていましたね。『ここいいわね~、観光客来たら絶対喜ぶわ!』って(笑)

↓ ↓ ↓ 店舗情報でございます。

◆山の茶屋 楽水◆

住所:沖縄県南城市玉城玉城19-1

電話:予約専用番号 050-5872-7110

お問い合わせなどの番号 098-948-1227

営業時間:11:00~18:00(ラストオーダー17:00)
※ランチのラストオーダーは14:00

定休日:木曜日

食事代目安:1,000円前後

【スポンサーリンク】