南城市にある変わったお土産が沖縄らしいというか(笑)

南城市(なんじょうし)原産の変わったお土産をもらったのでシェアします。

え?そんなものはシェアしなくていい?え~っと、書くネタに困ってるので書かせてください(爆

このお土産見れば見るほど、食べれば食べるほどに「何でもありな沖縄」をイメージします(笑

これが沖縄のテキトーさであり、良さだったりもするんですけどね。このテキトーが方向性を間違えると悪さにもなるのですが、今回は良さのほうです。



【スポンサードリンク】



これは菓子工房「こはるびより」の無謀な挑戦か?

この、焼き菓子の製造者は「菓子工房こはるびより」さんで、焼き菓子の外観はどこにでもあるような「レモンケーキ」である。(袋から取り出した写真は食べた後に撮り忘れたことに気づき、残念な思いをしたのでご容赦ください)

が、しかし、味付けが普通じゃない。

見よ↓↓↓
レモンケーキなのにシーカワサー風味
「レモンケーキなのにシークァーサー風味」って・・・うぉい!

暴走感がハンパないし、個人的にはおもしろくてしょうがない(笑)ここが沖縄感を物凄く感じさせてくれる。

ぶっちゃけるとレモンケーキの形をしたシークァーサー味の焼き菓子」である。

こはるびより
品名は「レモンケーキ(シークワーサー)」となっている。

製造者としてはあくまでもレモンケーキのシークワーサー風味と主張しているかのよう。

ちなみに最初の写真では「シークァーサー」で二番目の写真では「シークワーサー」と変化しえいるのも沖縄らしいラフな感じ。※どちらの呼び方でも通じるので正直どうでもいい部分。

気になるお味は?

製造者のこはるびよりさんは「レモンケーキなのにシークァーサー風味」としているが、実際はどうなのか、食べてみると・・・

そのまんま、完全にシークァーサー風味132%

レモンケーキより甘みがあるので、子供たちには特にうけると思うし、普通に美味しいが、個人的にはもう少し甘さ控えめにしてくれると嬉しい。

結果として、ここまでツッコミどころのある商品に仕上げた「こはるびより」の勝ちであり、それに食いついた私はまんまと戦略にハマったのかもしれない。悔しいです・・・

ちなみに、もらったものなので、どこで売っているかは不明。南城市のどこかに売ってはいるのだろうけど。

気になる方は探してゲットされたし。




【スポンサードリンク】



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする